色塗りについて

空気遠近法

基本の空気遠近法から。

空気は完全な透明ではないので。
遠くほどモヤーンと青白くぼやけるように見えます。

絵を描く場合にも同様に表現することで遠近感を表せます。
近くは濃い目にしっかり描き込んで
遠くは薄めにぼんやりと描くわけです。

※コントラストって何だと言う人に

コントラストを上げると白黒はっきりして彩度が上がり、コントラストを下げると彩度の低いグレーになって行きます。

***********
背景例(予定)
***********

錯覚と照り返し

光と影の境界は目の錯覚によって強調されます。

これをさらに強調し境界をより明るく、より暗く描いてしまうテクニックがあります。

ピンポン玉の写真でちょっと突っ込んでみましょう。

左のピンポン玉の画像に手を加えてみました。


左が内訳で右が私のイラストでの実用例です。

ディティール抑制法

絵はただたくさん高密度に描けば良いと言うものでもありません。

1、疲れてやる気を無くしてしまう
2、ごちゃごちゃして見づらくなる。

省略すると描くのが楽になるだけでなく、
時にはむしろ作品を見やすくより良いものにする効果があります。

主なディティール抑制箇所はハイライトと影です。

漫画のような線画の絵でも
ハイライトの外形線を抜いて陰影をより効果的に見せる事があります。

**********
画像予定
**********

影となる部分は輪郭線だけ描いたり、ベタ塗り、彩度低下等
様々なテクニックがあります。

**********
各種画像予定
**********

目立ってはいけない部分を押さえ込むことで全体のバランスをとるのです。

そして、逆に目立たないようにディティールをいれ密度感を上げるテクニックもあります。

**********
各種画像予定
**********

キャラクターに応用(エロエロなおねーさんで説明)

キャラクターに上記の技術を用いてみました。
一番手前の右手と顔周辺にディティールを密集させ
奥側となる足先にはほとんどディティールがありません。
奥に向かって描きこみを徐々に減らしていくだけで立体感が上がります。

同様にコントラストを奥に向かって下げて行くと立体感が出るのですが
この絵で目立たせたいのは「おしりと顔」!

光源をおしりの斜め上に設定して
おしりと顔のコントラストを上げ、さらに細かく書き込むことで
目立たせています。

顔とムネの位置関係を明白にするため胸元は灰色で塗ってあります。

この絵はちょっと全体的にコントラストが低く
ややメリハリが弱いです;ーー

使いまわしばかりで恐縮ですが
こちらは私が描いた中では上手くメリハリが付けられたと思います。

より上手く遠近感を表現したり、
メリハリや省略を使いこなしている絵描きさんの作品や
写真を研究してみてください。

工事中


⇒掲示板
マッスル講座
★プロローグ
★全身男性
★全身男性8面
★全身少年8面
★全身マッチョ8面
8 view of the whole body
★上半身
Upper-body상반신
★肩,初級
★肩,上級
★肩,実写
Shoulder어깨
★肩・腕詳細
ArmAnatomy팔의 해부학
★脇まわり
Armpit겨드랑이
★背中
Back등
★胸部
Chest가슴
★腰
Hip힙



★全身女性
★全身女性8面
★全身少女8面




★腕まわり
★腕正面
★腕ひねり正面
★腕ひねり側面
★腕ひねり背面
Arm팔
★ひじ肘
Elbow팔꿈치
★手
スポーツ
生活用品
武器
Hand손
⇒お絵かきBBS
マッスル講座
★下半身
Lower-body하반신
★脚8面
8 view of the leg
★ひざ膝
Foot족
★足
Foot족

★頭部
Head머리
★首
Neck목주변

★服のシワ
★スーツ

番外編
★解像度
★練習法
★色塗り




非マッスル講座
★四角形はお絵かきの基本
★その1 ★その2
★アタリの取り方 応用編
背景講座
★透視図法
Perspective투시도법
★1点透視,人物
★人物から描く一点透視図法
1point,Figure 1점,인물

デッサン人形
★人形紹介
Drawing doll
★ミクロマン
★立ちポーズ
★走りポーズ
○ボツポーズ集
Microman
★HotToys素体
★TriadToys素体


一般記事
ルーミス先生の間違い探し
アゾン素体 ピュアニーモレビュー
ピュアニーモXS可動レビュー