シマノ ラピッドファイア を分解してみました。


自転車についているシマノのラピッドファイア変速機が3段以上シフトアップしないと言う不良に見舞われたので分解してみました。9段変速の旧式です。人差し指でシフトダウン、親指でシフトアップするのがラピッドファイアの特徴ですが、新しいタイプはどちらの指でもシフトアップダウンが可能な2WAY リリース機構と言うのが付いてるとかなんとか

ばらす前にシフトケーブルを抜くための穴のフタになっているプラネジを外します。
IMG_1312
裏面のネジ3本を外します。
IMG_1310
これで中身を外せます。
IMG_1311
シフトケーブルのタイコが見えました。
IMG_1318
白い部分にタイコが入っているのでそれを巻き取っていくような構造になっています。
IMG_1313
最初のシフトアップ何段かは白い部分をレバーの突起が直接押して動かします。
IMG_1314
白い部分に突起が届かなくなるとバネでフックが内側のギザギザに引っかかるようになっています。しかし、今回は寒さでフックが固着していてギザギザに引っかからず最初のシフトアップしか動作しなかったのです。
IMG_1315
これがフックが内側のギザギザに引っかかって巻き取っている状態
IMG_1316
シフトアップ限界まで巻ききりました。分解しなくてもワイヤー交換用の穴からドライヤーで温めれば解決するようです。
IMG_1317

Google AdSense


関連記事

人気記事(週間)

まだデータがありません。